危険な状態で命を救ってくれるアドバイス11

タグ: , ,

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 318 投票, 平均: 4.56 点 (5 段階評価)
読み込み中...


危険な状況でどのように自分を守ったらよいでしょうか?様々な生活の状況で役立つアドバイスを知っていると、とっても便利ですよ!本日の動画では、危険な状況から脱するためのアイディアをご紹介。

タイムスタンプ

無理やり連れ去られそうになったら1:17

犯罪者とエレベーターで一緒になったら 2:14

嵐が来る時を見極める方法 3:04

パンクしたら草を詰める 4:12

飛行機の着陸・離陸の際は気を付ける 4:52

ベーキングソーダで火を消す 5:30

パニックの時すぐ落ち着く方法 6:19

暗闇で道をわたるときは携帯電話をリフレクターとして使う7:36

視野狭窄症の兆候をなくすために樟脳を嗅ぐ8:17

犯罪者の気をそらすために鼻をかんだりこすったりする9:24

自然災害の後は漂白剤で水を安全に 10:23

– 車に押し込められたら、所持品をできるだけその場に落とすようにしましょう。 “わざと”落とすんです。 でも携帯だけは持っておいた方が良いことを覚えておきましょう。これで警察がより早くあなたを発見することができます。
– 犯罪者と一緒のエレベーターに乗ったら、すべての階を押してください。こうすることで逃げたり、誰かに合図を送ったりすることができます。また犯罪者を困惑させることができ、狂ったようにエレベーターのボタンを押すことで、あなたのことを精神異常者だと思って逃げていくかもしれませんよ。
– どんな飲み物でもいいので、振ってグラスに注いでください。泡が端に広がったら、天気が次の12時間は良いということ。
– 何もないようなところで突然タイヤがパンクしたら、タイヤのサイドに小さな穴をあけて、葉っぱやわらを詰めましょう。
– 離陸の最初の3分間と着陸の最後の3分間は細心の注意を払いましょう。気をそらさないように!統計的に、61%の事故がこの3分の間に起こっているそうです。
– キッチンのコンロやフライパンの油に火がついたら、水では消さないように。理由ですか?水は油をはじくため、お水をかけると火が広がる可能性があります。代わりに、燃えている場所にベーキングソーダを撒きましょう。
– パニックに陥ることは、危険な状況での生き残りの可能性を低くします。気持ちを落ち着かせるシンブルな行動をとることが重要です。
– 暗闇で道が十分に照らされていなかったら、携帯やカメラをライトリフレクターとして使用できます。これでドライバーはあなたの位置を確認することができ、対応することができます。
– 目の緊張を解くには、布製の小さな巾着に入れたパウダー状の樟脳またはボトルに入った樟脳オイルを入れたものを使いましょう。目が疲れたと感じたなら、これを鼻の近くに持っていって大きく息を吸ってください。
– 脅されたら、ヒステリーな被害者のように反応しましょう。泣き叫ぶ、涙ぐむ、鼻を拭いたり、服の袖を使って鼻をかんだりするんです。
– ハリケーン、猛吹雪、地震などの自然災害で水を使うのが危険なことがあるかもしれません。地元の政府が水を使っても安心と発表するまで、漂白剤で水をきれいにしましょう。

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

この動画について
URL https://www.youtube.com/watch?v=InLM6YfeMZA
動画ID InLM6YfeMZA
投稿者 ブライトサイド | Bright Side Japan
再生時間 12:00
オススメ動画


admin

面白いこと、楽しいことが大好きです! 皆さんに質の高いコンテンツをお届けできるようにがんばります! ブログも書いてますので、よろしくお願い致します。

コメントを残す

Create Account



Log In Your Account