旧国鉄形車両集 583系特急形寝台電車

タグ: , ,

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (評価なし)
Loading...


日本の高度成長期の1967年(昭和42年)、幹線の輸送需要がひっぱくする中で、昼間は通常の座席特急車輌、夜間は座席から寝台へ転換、夜行寝台特急へと 運用効率を最大限に高めた、581系(583系の原型車両)が登場しました。
当時は最初に使用された列車愛称名から「月光」型の名称でも呼ばれることとなり、主に関西発九州方面や首都圏発東北方への長距離列車に昼夜兼用で充当されました。
その後、新幹線の開通などで、夜行運用が激減。余剰となった編成は昼行特急の補完運用に充当され、寝台をセットすることもなく座席車として運行しました。その例として、昭和53年から60年まで583系使用の「雷鳥」が活躍していました。
本作では国鉄時代から583系最後の6両だった南秋田A1A2編成まで、
その活躍のシーンを紹介します。

この動画について
URL https://www.youtube.com/watch?v=di9b47o4Xl8
動画ID di9b47o4Xl8
投稿者 tera-pro.com
再生時間 07:51
オススメ動画


admin

面白いこと、楽しいことが大好きです! 皆さんに質の高いコンテンツをお届けできるようにがんばります! ブログも書いてますので、よろしくお願い致します。

コメントを残す

Create Account



Log In Your Account